動きながら考える派?考えてから動く派?

「ね、まず一回やってみよ〜」って私の口癖みたいなんです。笑
「考えてから動く」ではなく「いきなり動きながら考える」派ってやつです。
これを言うと、そだねーってすぐやってみる派は少数で、「えっどう動くんですか?」って戸惑われることが通常。そんな時にも「いや、だからちょっとほらこんな感じで立って動いてみて」って身振り手振りでやってみせて頑張ります。
ここで、だまされたと思って身体を動かしてもらえると、大抵「あれ、なんか、あれ、これいいかも」ってなるんですよ。いや本当に。やってみることがどれほどアイデアを生み出していく上でパワフルで楽しいかを経験すると、もうやみつきになります。だって、想定するような計画なんてないわけですから、そこには「失敗」なんてなく、「発見」しかないからです。

でも、どういうわけか、「いきなりやってみる」ということに対して強い拒絶反応を示す人たちがいるんです。それが以下の3タイプ。どうしたものか。。

1)動かなくても頭で先にプランを考えた方が効率がいいと頑なに動かない人
2)動いたって意味ないってバカにしつつ人の目を気にして動くふりをする人
3)動きたいけど、いきなり動くのは恥ずかしいと思って動けないでいる人

こんな方たちは、偶然に出会うチャンスをものすごく逃していると思うのですが、1)2)の人に関しては、もうどこまでいっても頑なだったりするので、ご本人の好きなようにしてもらったらよいのですが、
社会問題だなって思うのは、3)のような人(動きたいけど恥ずかしいと思って動けない人)が、1)2)の人たちにプレッシャーをかけられて動けなくさせられること。
これをどうにかしたい!って思うのです。なぜなら、かつて私も3)タイプだったから。

先日、「だまされ上手が生き残る 入門!進化心理学」石川幹人著 光文社新書という本を読みました。おもしろかったのは、強いものが生き残るのではなく、「負けるが勝ち」と、だまされてみることができる者が生き残っている、みたいな話。要するに、頑なになって無駄に戦うよりも、とにかくだまされたと思って「やってみる」ができるものこそ進化につながるってことなんだと安直に解釈しました。

だから「ね、まず一回やってみよ〜」と言いたい。

コメント

このブログの人気の投稿

ワークショップのパッケージ化で失われるもの

問いを問う